オメガ3脂肪酸の健康効果|血の流れから体を温めていく

脳を活性化させる食材

錠剤

脳に良い成分

えごま油や亜麻仁油に含まれるオメガ3脂肪酸には、認知症を予防させる効果があるということがテレビで放送され、認知症を予防したいと思っている人に多く求められる成分となり話題となりました。なぜオメガ3脂肪酸が認知症予防に効果があるのか、それは摂取することにより脳を活性化させる働きがあるからです。神経が興奮や緊張などから張ってしまうことで脳に大きな負担をかけてしまいます。その張った神経をほぐして精神バランスを安定させる脳内神経伝達物質の1つであるセロトニンを脳内に分泌させ、脳の働きを効率良くしていきます。つまりオメガ3脂肪酸は、脳にエネルギーを与えてくれる成分なのです。そのため認知症を予防させ脳の働きを活発にしていく効果を引き出します。

魚にも含まれています

オメガ3脂肪酸は亜麻仁油やえごま油に含まれる成分としてテレビではよく伝えられていましたが、実はほかにもオメガ3脂肪酸を含む食材があります。それは魚です。魚に含まれる油にオメガ3脂肪酸が含まれており、普段から魚料理を食べることで1日分の必要な量を摂取していくことができるのです。魚を食べてオメガ3脂肪酸を摂取しようとするのであれば、焼き魚よりも煮魚や刺身で味わうほうが体内に取り入れやすいといわれています。焼き魚で食べようとするときは焼くときに魚から油が滴り落ちてしまうのですが、そこにオメガ3脂肪酸が含まれているので多くの量をこぼしてしまうのです。それでもオメガ3脂肪酸は摂取することができるのですが、十分な量を取り入れたければ刺身などで味わうほうが良いといいます。