オメガ3脂肪酸の健康効果|血の流れから体を温めていく

肥満を回避するために

男性

飽和脂肪酸の層

脂肪には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とがあるのですが、前者を過剰に摂取すると、肥満になるリスクが高くなります。なぜなら飽和脂肪酸は、体内で固形を維持する性質のある脂肪だからです。つまり摂取すればするほど、不飽和脂肪酸は体内で固形として蓄積していくことになるのです。そしてそれによる層の厚みが増すことで、体は太っていくわけです。肥満を回避するためには、飽和脂肪酸の摂取を控えることが大事です。さらに、不飽和脂肪酸の一種のオメガ3脂肪酸を摂取すれば、肥満を一層防止しやすくなります。オメガ3脂肪酸は、体のぬくもりで液状となるので、蓄積することなく体内を流れていきます。蓄積しないということは、肥満の原因になりにくいということなのです。

多く含んでいる食品

さらにオメガ3脂肪酸には、体内を流れながら、飽和脂肪酸の層を削り取るという力もあります。削られれば削られるほど、層が薄くなりますし、体はスリムな状態になっていきます。したがってオメガ3脂肪酸には、ダイエット効果もあると言えます。オメガ3脂肪酸は、青魚に特に多く含まれています。青魚を食べると、DHAやEPAによって血液が流れやすくなりますが、それはDHAやEPAがオメガ3脂肪酸の一種だからです。そのため摂取すると、血管内壁の飽和脂肪酸が減ることで、血液がスムーズに流れるようになるわけです。また、亜麻仁油やシソ油、えごま油などにもオメガ3脂肪酸が含まれています。そのため毎日の調理に使用する油をこれらにすることでも、ダイエット効果が期待できます。